Page: 1/3   >>
Core Little Shamrock 開店休業のお知らせ

さて、すでに投稿頻度がだいぶ落ちていた当ブログですが、このたびお休みすることといたしました。

というのも、諸事情あってしばらく日本を離れるため、日本におけるアイルランド情報を更新できなくなったためです。

もともとDear Little Shamrock の掲示板やイベント専用サイトに書き込んでいた情報を、掲示板だと書き込む内容が制限されているしBlogのほうが何かと融通きくからとBlogサイトをたちあげましたが、いつの間にか自分のWebサイトの中では Irish Live Board に次ぐ情報発信サイトとなっていました。
ただ近年、SNSをはじめミュージシャンや関係者自らが積極的に情報発信を行うツールも増えたことで、一定の役割を果たし、そしてその役割をゆっくり閉じるころかな、と思っていました。まあそういう意味ではちょうどいい時期だったかもしれません。

(金銭的に)本Blogだけを閉じるメリットがあまりないので、過去の書き込みは当面残しておきます。そしてまた気が向いたら更新するかもしれません。その時はまたよろしくお願いします。

そんなこんなで一旦休眠します。ご愛顧ありがとうございました。

| おだ | 01:05 | comments(0) | - | - | - |
スコットランド・フェスティバル2011

今年もそろそろスコットランドフェスティバルの季節です。

11月19日〜20日の2日間、場所はいつものホテルグリーンプラザ白馬似て開催されます。この2日間はホテルがスコットランドに早代わりし、ホテル内にスコティッシュパブがオープンしたりハイランドパイプスを中心としたにぎやかなスコティッシュミュージックが鳴り響いたりウィスキーのテイスティングが開催されたりします。

でまあ、スコットランドの話なので紹介はこの辺で、値段等は公式サイトにて確認してください。
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/plan/scotland2011/index.html
問合せ:ホテルグリーンプラザ白馬 専用ナビダイヤル 0570-097-489


いやー、こんな豪儀な感じでアイルランドフェスもやれたらなぁ、と思ったりもします。

| おだ | 00:53 | comments(0) | - | - | - |
第28回日本 スコットランド・ハイランド・ゲームズ

アイルランドから少し離れたおとなりの国の話題です。

さて、もう28回目を迎えるハイランドゲームズが今年も神田外語大学(幕張)にて開催されます。
ハイランドゲームズとはスコットランド北部のハイランド地方各地で毎年初夏〜初秋ごろ開催される協議会で、主に丸太投げ、石投げなどの力持ち自慢的な競技と、バグパイプ演奏やハイランドダンスのコンテストなどの伝統音楽系競技からなります。
これ自身は単なる競技会という位置づけだけでなく、地域内でのスコットランドの伝統文化の継承や、ひいてはイングランドとの融合で失われつつあった民族としてのアイデンティティの再認識としての役割があったのではないかと思われます・・・が、そんなことはさておき今は年に一回のお祭りとして楽しまれています。

で今年は10月3日の日曜日に幕張は神田外語大学で開催されるそうです。
そしてこういうイベントの時は当然というべきでしょうか、東京パイプバンドによるバグパイプ(ハイランドパイプ)演奏と、東京スコットランドブルーベルクラブによるカントリーダンスやハイランドダンスを堪能できます。

詳細は以下のサイトに載っていますので、興味ある方は是非ごらんください。
http://www.japanhighlandgames.com/japan/index.html

第28回日本 スコットランド・ハイランド・ゲームズ
開催日時:2010年10月3日(日)
      10:30 am — 4:30 pm (雨天決行)
料 金 :大人 ¥1,500 学生 ¥600 小学生以下 無料
場 所 :神田外語大学(幕張)


毎年これを見るたび何となく面白いなあ、と思うのは、重量競技が「石投げ、鉄塊投げ、丸太投げ、ハンマー投げ」・・・ってほとんど重いものを投げてばっかりじゃん、ということです。ハイランドの男は腕っ節が強くなければならない、という文化だったんでしょうかね。ダンスもアイリッシュに比べると力強さを鼓舞するような動きもありますし。

あと今年に限っていうと、ちょうど明日あたり投稿しようと思っていた「セントパトリックスデーパレード千葉についての意見交換会」と場所も時間もほとんど被っていることです。わざとでしょうかね。

| おだ | 01:53 | comments(0) | - | - | - |
スコットランド・フェスティバル2010@白馬
アイルランドのネタが薄くなったらスコットランドを思い出そう、という鉄則に従い、日本最大級のスコティッシュイベントについて案内しておきます。

バグパイプに代表されるスコットランドの音楽、ダンス、写真展、映像上映、スコティッシュフードなどが満載の「スコットランド・フェスティバル」が、を7月10日(土)と11日(日)に長野県小谷(おたり)村の「ホテル・グリーンプラザ白馬」で開催されます。

初日の10日はホテル館内で前述の様々な催しが一斉に繰り広げられ、翌11日は今度は特設野外会場で、白馬の大自然をバックにバグパイプの大演奏が繰り広げられる模様。このイベントのために、スコットランドからパイプバンドや若手ダンサーもゲスト参加します。
料金は1泊2食(夕飯はバイキング)付きで1名12,000円〜19,000円。直行バス付プランもあるようです。

興味ある方は是非以下サイトをご覧下さい。
スコットランド・フェスティバル2010 Webサイト
http://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/plan/scotland/

スコットランド・フェスティバル2010 Blog
http://scotlandfestival.blog69.fc2.com/

ホテルグリーンプラザ白馬
http://hakubacortina.jp/


んー、何というか、アイルランドはまだまだスコットランドやブルターニュと比べてコミュニティの規模もイベントの規模も小さいですよね。唯一の例外はパトリックデーパレードぐらいですが、あれも参加人数の割には運営側は少数がひーひー言いながらやってますし。
ホテルを巻き込んで海外から何名ものゲストを呼んで・・・といった記事を見ると、楽しそうだなあという思いに先行して、なんかうらやましいなあと思っちゃいます。
| おだ | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
ゲゲゲのサントラ、本日発売
えーと、とよださん行ってらっしゃい記念という事で、ややアイリッシュとははなれますがお知らせしておきます。

アイリッシュフルートの名手、とよだしゅうぞうさんも参加されている「ゲゲゲの女房」のサウンドトラックが本日6月16日にVictorより発売となります。

ちょうど図ったように今日、Yahoo等ではゲゲゲの女房の視聴率が20%超えたというニュースをやっておりました(まあ、ある意味図ったんでしょうけど・・・)。

劇中曲80曲中39曲入りで3,045円。そのうちとよださんのフルート/ホイッスル曲は5,6曲とのことです。
ドラマ見ていると他の曲は片隅を流れていくのにホイッスルとかが鳴り出すとどうしても音楽に注目して印象に残ってしまうため、てっきり全体の7割くらいは参加しているのかと思っていました。

収録曲の確認と視聴はこちらでできます。改めて色々聴いてみて、窪田ミナさんの才能に感嘆しました。
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A018327.html


一応Amazonのリンクも載せておきます。興味あれば。

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック
NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

| おだ | 00:09 | comments(0) | - | - | - |
ブルターニュ・聖イヴ祭 (5月20日〜23日)
今更ですが、気がついたら本サイト、ブログサイトとも10万アクセスを超えていました。9万くらいまではぼんやり気にしていたのですが、その後すっかり忘れていました。えー、改めてこれからもよろしくお願いします。


私も今一何をやるか判っていないのですが、5月20日〜23日の4日間、都内の日仏会館(恵比寿)や日仏学院(飯田橋)にて、ブルターニュに関する各種セミナーやコンサート等のイベントが開催されます。

非アイルランドネタなのでさらっとリンクを張っておきます。例えば20日の(水)はブルターニュの経済や建築に関するアカデミックな講義が、また22日(金)はブルターニュの北の沖合で座礁したタンカーから重油が流れた事件とその後のブルターニュ市民の連帯を追ったドキュメンタリーフィルムが上映されたりするようです。また23日(土)はブルターニュ出身のバンドやブルトン・ミュージックのコンサートや、中性の甲冑を身にまとった騎士による決闘のデモンストレーションが開催されたりするそうです。
詳細は以下を参照のこと。興味ある方は是非足をお運び下さい。
http://bretonsdujapon.wordpress.com/agenda/saintyvestokyo2009/

Fêtons la Bretagne à Tokyo !
20-23 mai 2009
東京にブルターニュがやって来る
聖イヴ祭 2009年5月20日〜5月23日


ちなみに、小耳に挟んだ情報によると、22日(金)はアイリッシュセッションでもおなじみの上野のウォリアーケルトに、ブルトンミュージシャンがやってくるそうです。最初ウォリケルの店員から聞いた情報が何をさしているのかわかりませんでしたが、上記記事を知ってやっと2つが繋がりました。
どのメンバーが来るのか判りませんが、これもまた非常に楽しみです。


しかしスコットランドやブルターニュに比べると、アイルランドはここまでアカデミーと芸事が一体になったイベントは少ないような気が。まあだから同ということもないですが。
| おだ | 00:32 | comments(0) | - | - | - |
ケトルじゃないかなあ。。。
吉祥寺の某大手手芸用品・生地百貨店にて。

Celt

鍋と一緒にケルトも売っているそうです。

・・・今日はほかに載せたい情報もあったのに、ついうっかりこっちを先に載せちゃいました。
| おだ | 15:07 | comments(2) | - | - | - |
ブルトン・デュ・ジャポンの忘年会
機能のケルティッククリスマスは、最前列ど真ん中という10年に一度の当たり席でした。あのオタワバレーダンスやハウゴーのフィドルさばきを間近で見られ、最高の時間を過ごしました。

さて、若干アイルランドから外れますが、同じケルティック文化を持つブルトンの忘年会兼クリスマスパーティーがアイリッシュパブで開かれるということで、簡単に紹介しておきます。参加自由とのことですので、アイルランドだけではなくブルターニュにも興味ある方は是非。
詳細等は以下のブルトン・デュ・ジャポンのWebサイトをご覧下さい。


fête Bretons du Japon(ブルトン・デュ・ジャポンの忘年会)

日時 2008年12月20日 18時〜22時
場所 ダブリナーズ品川(http://www.dubliners.jp/shinagawa/
詳細 ブルトン・デュ・ジャポン
URL http://www.bretonsdujapon.com/


今日はハウホイのワークショップ&さよならセッションですね。あそこまで息が合ったデュオの解散は本当に残念でなりません。

そういえば補足情報ですが、来年1月にはある種エンヤより影響力がある(といっても知名度はエンヤの足元にも及ばない)アイリッシュが来日するようですね。詳細がわかったら別途お伝えします。
| おだ | 14:30 | comments(0) | - | - | - |
CHILDHOOD メジャーデビュー
すみません、全然アイルランドではありませんが、個人的に非常に嬉しい出来事だったので、笛繋がりということで許してください。

個人的に敬愛している手笛奏者の森さんとピアノの臼田さんとのデュオ、「CHILDHOOD」が、来年メジャーデビューすることが決まったそうです。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/new_music_handfulte/view/20081201/1228138145


「それは良かったね、で、CHILDHOODって誰?」という方がいらっしゃいましたら(そういう方のほうが多いような気がしますが)こちらのサイトをご覧下さい。
あ、でも予め申上げておくと、手笛(ハンドフルート)に興味がない人は何も面白く無いと思いますが・・・

http://www.childhood-music.com/top.html

"Special"→各曲のリンクをクリックすると、手でここまで綺麗な音を奏でられるのか、と度肝を抜かされます。

CHILDHOODのメジャーデビューを機に、日本に手笛ブームがおきたら素敵ですね。
| おだ | 23:57 | comments(0) | - | - | - |
「クイズ!シャムロック」日本テレビにてレギューラー化
まあこれも全然アイルランドネタじゃないのですが、先日の21枚葉クローバーに引き続きのシャムロックネタということで。

以前から特番で放映されていたクイズ番組「クイズ!!シャムロック」が、このたび「3人協力クイズ!シャムロック」日本テレビ系列にてレギュラー放送開始されました。

シャムロックというだけあって、数字の「3」にこだわった内容となっており、回答者3人が一組となって、巨大な3面のモニターから繰り出されるクイズに回答するという形式。なお3月の特番では333問の問題が出題されるという拘りっぷりだったようです。


「3人協力クイズ!シャムロック」
 日本テレビ系列
 毎週土曜 17:00〜17:30


私も特番の時「あ、シャムロックだ!」と思ってちらっと観ましたが、クイズの内容はいわゆる最近流行の常識問題でした。シャムロック好きにはお勧め・・・というほどでもないので、まあクイズ好きの方はどうぞ。
| おだ | 23:35 | comments(0) | - | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

TOKYO IRISH GENERATION
TOKYO IRISH GENERATION (JUGEMレビュー »)
O’Jizo,The Ash Grove,オオフジツボ,五社義明,Modern Irish Project,waits
2010年夏、東京で発信された世界に誇れるアイリッシュ・ミュージック・コンピCD。
ここで紹介されているどのバンドもエネルギッシュかつ個性的です。あの大島豊氏に「アイリッシュをはじめとするケルト系ルーツ・ミュージックは、遥かな時空と幾重にも重なる境界を超えて、この国に根を下ろした」と言わしめた、珠玉の一枚です。

Recommend

コンプリート・オブ・ザ・ポーグス
コンプリート・オブ・ザ・ポーグス (JUGEMレビュー »)

待ちに待ったポーグスのライブDVD。堂々としているのに若々しい彼らの熱気溢れる演奏と、暑い暑い会場の雰囲気が伝わってきて、一緒に踊りだしたくなります。ゲストも多く、さぞ楽しいライブだったんだろうなあ、と羨ましくなります。大音量で聴きたい一枚。
ちょっと曲数が少ないのが欠点ですかね。そのかわりボーナスのドキュメンタリー映像が付いてます。

Recommend

Gael Force
Gael Force (JUGEMレビュー »)

1997年にダブリンのポイント・シアターで行われたコンサートの収録モノですが、とにかくメンバーに圧倒!
チーフタンズ、ブラック姉妹、シネード・オコナー、クラナド、アルタン、クリスティ・ムーア等々、トラッド&コンテンポラリー界双方からものすごいメンバーを揃えてます。必見の1枚。

Search

Entry

Comment

  • シャムロック祭2012+フィドルワークショップ
    dai (10/16)
  • Modern Irish Project × John John Festival @仙川 他
    ani (05/30)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    oda (11/05)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    mizu (10/31)
  • BSで2夜連続でアイルランド関連番組あります
    Ayu (07/23)
  • Galway for JAPAN Day 5/26
    さがーみ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    おだ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    さがーみ (05/20)
  • 震災チャリティ・タカ・ハヤシアイリッシュダンスアカデミーリサイタル 他
    Tommy (04/30)
  • 各種イベント情報その3 他
    おだ (03/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode