Page: 1/3   >>
8月14日、Paddyたちのオリンピック開催 (in Cork)
変ったスポーツの祭典「Paddy Games」というよくわからないタイトルの記事がINJのメーリングリストで紹介されていましたので、何だろうと思って調べてみたら、本当によく判らない内容でした。

ニュースサイト
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-15964820100623

公式サイト
http://paddygames.ie/

要は「これ競技か?」というような変な競技の祭典のようで、記事によると「目隠し走、ファイアーマンズ・キャリー走、携帯電話投げ、人間2人と陸上動物2匹による混合リレー」など、TVバラエティにありそうな競技が並んでいるのですが、そのうちの一つ、後ろ向き100m走にはウサイン・ボルトも招待しているそうです。

気になって公式サイトをみると上記以外にも竹馬100m走、ハードルくぐり、ウェリントンブーツ100m走、後ろ向き三段跳び、トイレットペーパーの新体操、何とも味わい深い競技が目白押しです。

そしてさっぱり判らなかったのが、「Irish Dancing Hurdles(100m)」。説明を引用すると、以下の通りです。
"Athletes must wear their “Sunday Best” and, stylistically speaking, must be judged to be Irish dancing throughout the race except for when jumping over the hurdles."

・・・やっぱり全然判りません。100mの速さで競うのか、採点競技なのかさえよく判りません。


一つ言えるのは、不況で失業率が高かろうが公務員の給料が何十パーセントカットされようが、パディはパディだなぁ、ということでしょうか。実に心穏やかになる記事でした。旅行シーズンですし、この時期Cork近辺にいる方は是非。

でももし本当にボルト来たら採算取れないでしょうね。
| おだ | 02:19 | comments(0) | - | - | - |
アイルランド−フランス戦前夜(W杯)
品川アイリッシュミュージックウィークも盛況のうち終わりましたが、明日はデールラスのコンサートもありますし、明後日も昼から夜まであちこちでセッションやライブもありますし、まだまだアイリッシュミュージックウィークは続きます。

さて、サッカーワールドカップ出場をかけた最後の一戦がいよいよ14日に開催されます。アイルランドの相手は前回準優勝国のフランス。一番の強敵にぶつかってしまった感はありますが、不屈の闘志を見せてくれることを期待しましょう。


2009/11/14 21:00
アイルランド − フランス
@クローク・パーク, ダブリン

2009/11/18 21:00
フランス − アイルランド
@スタッド・ド・フランス, パリ


アイルランドの21時ってことは東京は実際は15日の早朝の試合となります。さすがにサポーター集めて生放送しているパブはないでしょうかね・・・。
| おだ | 01:36 | comments(1) | - | - | - |
アイルランドvsイタリア戦観戦会(10/10深夜)他諸々
先週はこれと言った記事がなく、今週は記事にすべき話題は一杯あったものの忙しすぎて掲載できず、そして来週は旅行に行ってしまうためこれまた掲載できず・・・というわけでこのタイミングで惰性で色々載せます。

何よりアイルランドが国民投票でリスボン条約批准が賛成多数になったことが大きなニュースでしたが・・・まあそれはそれで。

・中秋の名月とアイルランド
先週末は中秋の名月でしたね。で、某スーパーで三色団子なるものが売っていたので買ったのですが、何かどこかで見たことのある色構成でした。



まあこのネタがリスボン条約より行数をさいているのもどうかと思いますが。


・アイルランドvsイタリア戦観戦会
現在W杯欧州予選グループ8でイタリアに次いで2位で、よっぽどのことがなければプレーオフ以上が確定しているアイルランド代表ですが、1位進出をかけた天王山のイタリア戦をみんなで観戦しよう、という企画が急遽案内されました。
10月11日(日)早朝4時〜 というか10日28時から、場所はアイリッシュパブ、シェーマス・オハラで開催されます。

http://seamus-ohara.com/

10月10日の24時頃に集合、2002年の映像と思い出話で盛り上がりながら試合開始を待ちます。
参加される方はグリーンのユニフォームで是非!とのこと。あと多分未成年の方は禁止だと思います。
仮にここで勝っても2位どまりの可能性が高いのですが、何よりみんなで好きなチームを応援する、というのが楽しいですよね。


・「Live Bar Case #1」オープン記念アイリッシュミュージックライブ
地下鉄の淡路町/小川町近辺に、ライブバーがオープンしました。で、そのオープニングイベントとして、10月12日(月)にアイリッシュミューシャン3組の共演によるライブが開催されます。
Irish Mountain Jamboree はこの日が初ライブだそうです。最後はみんな揃ってのセッションライブもあるのかな。ともあれ興味ある方は是非。

Live Bar Case#1(淡路町、小川町)
Case オープン記念アイリッシュミュージックライブ
18時open/18時半start
出演:
・Irish Mountain Jamboree
 山崎熊五郎(fiddle&chorus)、斉藤順子(flute&whistle)、三上紘司(bodhran&fiddle)、武田良平(bouzouki&vocal)
・レプラコーン
 奥貫史子 (Fiddle)、熊井麗音 (Keyboard)、森田アミカ (Percussion)、深江健一(Guitarほか)
・Modern Irish Project(Duo)
 大渕愛子(fiddle)、長尾晃司(guitar)
料金:3000円+飲み放題
東京都千代田区神田美土代町11−2第一東英ビルB1 (淡路町/小川町徒歩2分)


何か他にもあった気がしますが、いずれまた。
| おだ | 01:50 | comments(0) | - | - | - |
U20世界ラグビー選手権にアイルランドチーム出場
日本で始めてアイルランド代表応援団が結成されたラグビーアイルランド代表対日本代表のチャレンジマッチから4年、今度は次世代を担う若きアイルランド代表が、日本で開催される「U20世界ラグビー選手権」参加のため来日します。

6月5日から21日にかけ、16チームが全国5会場で熱い戦いを繰り広げます。アイルランドはプールAということで愛知県(瑞穂公園ラグビー場)で予選プールを戦い、順位決定戦では各プールの1位グループが東京、2位グループが福岡、3位グループが大阪、4位グループが名古屋でそれぞれ試合を行うとのこと。
同チームには競合ニュージーランドもいるので東京での代表の戦いを見られるかどうかは中々微妙ですが、6Nationsでの見事な優勝もありましたし、是非若い世代にも頑張って欲しいです。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.jwc2009.jp/

<予選プール>
プール A : 愛知(瑞穂公園ラグビー場)
6月5日(金)17:00 アルゼンチンvsアイルランド
6月9日(火)19:00 アイルランドvsニュージーランド
6月13日(土)13:00 アイルランドvsウルグアイ

<順位決定戦>
13-16位決定戦 :愛知(瑞穂公園ラグビー場)
9-12位決定戦 :大阪(近鉄花園ラグビー場)
5-8位決定戦 :福岡(レベルファイブスタジアム)
準決勝・決勝 :東京(秩父宮ラグビー場)
6月17日(水) 1回戦
6月21日(日) 順位決定戦/決勝


ちなみにアイルランド代表紹介はこちら(正確にこのメンバーが来るのかどうかちょっとよく確認していませんが)。
なんと言っても国家や思想の壁を越えた南北の統一チームというのが特徴ですね。たぶん自分がアイルランドのラグビー代表に何となく肩入れしたくなるのは、そんな理由もあるんだと思います。
| おだ | 23:11 | comments(3) | - | - | - |
アイルランド全勝優勝@ 6 nations
アイルランドラグビー代表が来日するということで、アイルランド代表応援団を結成して100人くらいで会場を緑色に染めたのはもう3年か4年くらい前のことでしたっけ。あれはあれで妙に盛り上がった記憶があります。

さて、その当時からエースだったオドリスコル率いるアイルランド代表が、RBS 6 Nationsを5戦全勝の完全勝利で優勝しました。

http://www.rbs6nations.com/en/home.php

上記サイトからダイジェストを見ましたが、最終戦21日のウェールズはかなり接戦でした。最後の3分で逆転ゴールを決めたオガーラは格好良かったです。

とにかくアイルランド代表の皆様おめでとうございます。

上記サイトで色々動画のダイジェストが見れますので、興味ある方は是非ご覧下さい。


あ、あとやっと待ちに待ったフルートが届きました!!でも家に帰るのが毎日夜中のため、まだ一吹きもしていません。あと何を思ったかケースを買い忘れ、持ち運ぶこともできずに途方にくれています。
| おだ | 01:29 | comments(0) | - | - | - |
アイルランド代表選手のオリンピック結果
オリンピックも今日で閉会ですね。さて、気になるアイルランドの活躍はというと・・・(男子マラソン等は残っていますが)銅メダル2つという結果になりました。

Men's Boxing -48 Kg Medals
Paddy Barnes - Bronze

Men's Boxing 69-75 Kg Medals
Darren John Sutherland - Bronze

ということで、2選手ともボクシングでのメダルした。何にせよおめでとうございます。
ボクシングは日本ではおよそテレビに映らないのですが、向こうではどの程度ニュースになっているんでしょうかね。4年前は丁度馬術で金を取ったときアイルランドにいて、そこそこニュースで取り上げられていた気がしますし、また馬術なんかも普通にスポーツチャネルで放映されていました。逆に柔道とか野球とかはちらりとも映らないんでしょうね。

さて、本当は別の話題を載せようと思っていましたが、今日は時間も時間なのでこのへんで。
| おだ | 02:36 | comments(2) | - | - | - |
シャムロックがオリンピックルール違反
お盆休みと相まって個人的にもオリンピック一色になっておりますが、こういう時にはほとんど日本しか映さない民放よりも、(選り好みはあれど)競技を一通り見せてくれるNHKの方が圧倒的に嬉しいわけです。さりげなく北島と一緒にアイルランドのブリー選手が泳いだり、ちらちらアイルランド選手の活躍(?)も観ることができます。
さて、日本は前評判ほどメダルを取れていないとはいえまあそこそこ頑張っておりますが、アイルランドは未だメダル0で、やっぱり馬術期待か?というところ。そんな中、アイルランドっぽいニュースがありましたのでリンクしておきます(元ネタはINJのWebサイトの掲示板より)。

http://www.independent.ie/sport/other-sports/olympics-2008/beijing-bosses-ban-shamrock-1451599.html

"Beijing bosses ban shamrock"

要はアイルランドナショナルチームの帽子に描かれたシャムロックのサイズがオリンピック規定を違反していたので使用を禁止した、ということのようです。
「スポンサーのマークならわかるけどナショナルシンボルなのに・・・」というチームの嘆きも判りますが、何か色々アイルランドっぽいニュースだなあ、という気がしました。
| おだ | 23:49 | comments(0) | - | - | - |
北京五輪・アイルランド陸上代表の出雲合宿
今更ですが、もうすぐ北京五輪です。アイルランド代表にも日本代表にも頑張って頂きたいところですが、そんなアイルランドと日本をつないでいるのが、本サイトでもおなじみの松江市です。

北京五輪のアイルランド陸上選手代表が、大阪世界陸上に次いで、松江市で合宿を行っております。松江市も市をあげて応援しており、松江市役所玄関ロビーに選手を紹介するパネルやメッセージコーナーを設けたり、8月18日(月)までの毎週月曜日と金曜日に、市職員がアイルランドのTシャツを着て応援PRをしたりしています。

http://beijing2008.city.matsue.shimane.jp/index.html

アイルランド代表チームの訪日(上記サイトでは"来松"と呼んでいます)予定は13名の競技選手、11名の監督・コーチの計24名で、もしかするとさらに増える予定のようです。上記サイトに今回合宿を行う陸上の代表選手が紹介されています。また、歓迎会や壮行会も行うようですので、この時期松江に行かれる方は是非寄ってみてください。

しかしアイルランドとの国交の要はやっぱり松江なんですねえ。
| おだ | 23:43 | comments(0) | - | - | - |
パドレイグ・ハリントン 全英オープンV2!
何か去年の今頃こんな記事を書いていたなあ、と思いながら何気なく見ていたThe Openですが、何と何と、今年もP.ハリントンがやってくれました。
本命タイガー・ウッズ不在の中、アンダーパー無しの大混戦となった今年の全英オープンでしたが、見事昨年に引き続き、アイルランドのパドレイグ・ハリントンが第137代チャンピオンに輝きました。

http://www.tv-asahi.co.jp/the-open/

実は私は決勝ラウンドの後半9ホールは眠気に勝てずに観ることができませんでしたが、どうやら後半は連続ボギーで首位から落ちたり、怒涛の反撃バーディーで首位に返り咲いたりと、中々スリリングな展開だったようですね。
去年優勝したことによる精神面の強さに加え、厳しい英国の寒さや天候が肌に合っているということもあるのではないでしょうか。アイルランドではこういう天候は当たり前ですし。

ともあれ、連続優勝は凄いことです。今年はマスターズも5位だそうで、是非全米プロや賞金ランキング上位目指して頑張っていただきたいと思います。

| おだ | 23:04 | comments(0) | - | - | - |
アイリッシュ・スポーツ・デイ 2008
3月8日の横浜は、聖パトリックパレードと共にもう一つのアイリッシュ・イベント、ジャパンGAAクラブによる「アイリッシュ・スポーツ・デイ」が開催されます。

アイルランドの国技、ゲーリック・フットボールやハーリングを観ながら、アイルランドの春を楽しみたい方はこちらもどうぞ。

「アイリッシュ・スポーツ・デイ 2008」
日時:2007年3月8日(土)
   午前10:00 - 午後4:00
場所:横浜カントリー&アスレチッククラブ(YC&AC)
   JR京浜東北線:山手駅 (徒歩10分)
   住所:神奈川県横浜市矢口台11-1
問合せ:ジャパンGAAクラブ
http://www.japangaa.com/


| おだ | 02:31 | comments(0) | - | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

TOKYO IRISH GENERATION
TOKYO IRISH GENERATION (JUGEMレビュー »)
O’Jizo,The Ash Grove,オオフジツボ,五社義明,Modern Irish Project,waits
2010年夏、東京で発信された世界に誇れるアイリッシュ・ミュージック・コンピCD。
ここで紹介されているどのバンドもエネルギッシュかつ個性的です。あの大島豊氏に「アイリッシュをはじめとするケルト系ルーツ・ミュージックは、遥かな時空と幾重にも重なる境界を超えて、この国に根を下ろした」と言わしめた、珠玉の一枚です。

Recommend

コンプリート・オブ・ザ・ポーグス
コンプリート・オブ・ザ・ポーグス (JUGEMレビュー »)

待ちに待ったポーグスのライブDVD。堂々としているのに若々しい彼らの熱気溢れる演奏と、暑い暑い会場の雰囲気が伝わってきて、一緒に踊りだしたくなります。ゲストも多く、さぞ楽しいライブだったんだろうなあ、と羨ましくなります。大音量で聴きたい一枚。
ちょっと曲数が少ないのが欠点ですかね。そのかわりボーナスのドキュメンタリー映像が付いてます。

Recommend

Gael Force
Gael Force (JUGEMレビュー »)

1997年にダブリンのポイント・シアターで行われたコンサートの収録モノですが、とにかくメンバーに圧倒!
チーフタンズ、ブラック姉妹、シネード・オコナー、クラナド、アルタン、クリスティ・ムーア等々、トラッド&コンテンポラリー界双方からものすごいメンバーを揃えてます。必見の1枚。

Search

Entry

Comment

  • シャムロック祭2012+フィドルワークショップ
    dai (10/16)
  • Modern Irish Project × John John Festival @仙川 他
    ani (05/30)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    oda (11/05)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    mizu (10/31)
  • BSで2夜連続でアイルランド関連番組あります
    Ayu (07/23)
  • Galway for JAPAN Day 5/26
    さがーみ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    おだ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    さがーみ (05/20)
  • 震災チャリティ・タカ・ハヤシアイリッシュダンスアカデミーリサイタル 他
    Tommy (04/30)
  • 各種イベント情報その3 他
    おだ (03/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode