Page: 1/16   >>
St. Patrick's Day の集い 2013@大崎ゲートシティホール

パトリックスデー・パレード東京、Wild Roverと並んで、St. Patrick's Day の冠が付く東京3大イベント(仮)のひとつ、”St. Patrick's Day の集い”。例年は先の2つに比べて微妙に内輪すぎて地味感が漂っていましたが、今年はなんと大崎ゲートシティホールにて3/23-24の2日連続開催と、ビックイベントを打ち出してきました。どうも日愛協会発足50周年記念イベントのようです。

しかもプログラムも、ジョン・ニアリー駐日アイルランド大使の開会挨拶からはじまり、初日は上野格氏や小泉凡氏ら名だたる教授の講演を中心としたアカデミック祭り、そして2日目は打って変わってO'Jizoのライブや竹内篤氏のリルティング、劇団IATの演劇に最後はケーリーと、豪華なアイリッシュカルチャーの共演が組まれているようです。極めつけはAnders Trabjerg & Mayo Yanachiさんのライブもあるようで、え、来日するんですか、って下記サイト観て初めて知りました。

ということでアイルランド文学を真正面から探求したい方は23日に、アイリッシュミュージックやダンス、演劇を堪能したい方は24日に大崎に足を運んでみてはいかがでしょうか。

概要とプログラムを掲載しておきますので、詳細は以下日本アイルランド協会公式サイトをご覧ください。
http://japan-ireland.org/

St. Patrick’s Dayの集い 2013
Japan-Ireland Society 50th Anniversary Special Gathering
日時:2013年3月23日(土)・24日(日)
会場:ゲートシティ大崎 地下1階 ゲートシティホール (大崎)
    http://www.gatecity.jp/access/
参加費:無料 (23日昼食パーティーのみ ¥3,000)
申込み・問合せ:日本アイルランド協会事務局

プログラム:

3月23日(土)
創立記念講演とシンポジウム
10:00 受付開始
10:30 開会挨拶:本多三郎 日本アイルランド協会会長
   ジョン・ニアリー駐日アイルランド大使
11:00 記念講演:「日愛交流の歴史と日本アイルランド協会」
   上野格(日本アイルランド協会元会長、成城大学名誉教授)
12:15 記念昼食パーティー(ルームCにて)
   挨拶 松村賢一 日本アイルランド協会前会長
14:00 記念シンポジウム「アイルランド文学と日本」
    構成・司会 松田誠思(日本イェイツ協会元会長、神戸親和女子大学名誉教授)
  ・鈴木暁世(福岡女子大学)
    「日本近代文学におけるアイルランド文学受容 ―翻訳と紹介記事をめぐって」
  ・小泉凡(小泉八雲記念館顧問、島根県立大学短期大学部)
    「ラフカディオ・ハーンの民俗学的想像力とアイルランドのフォークロア」
  ・眞鍋晶子(滋賀大学)
    「丸谷才一とジェイムズ・ジョイス」
  ・風呂本武敏(IASILJapan元会長、元神戸大学教授)
    「大江健三郎とイェイツ -『燃え上がる緑の木』三部作を中心に」
16:20    閉会挨拶

3月24日(日) 
アイルランド文化のパフォーマンス
10:00   受付開始
10:30   開会挨拶
10:40   音楽:O’Jizo
11:30   アイルランド講談(桃川星之助)「セント・パトリック、嗚呼人生」
12:00   昼休み
13:00   ポエトリー・リーディング
    「Crossing Perspectives 交錯する視線 ― アイルランド現代詩アンソロジー」
    (朗読:芦部美和子/朗読:佐藤泰人/音響:伊藤貴信)
13:50   トーク「日愛交流 音楽とダンスの現場から」(豊田耕三;聞き手:山本拓司)
14:20   歌: 竹内篤 (lilting)
14:50 音楽:Anders Trabjerg & Mayo Yanachi
16:10 演劇:W・B・イェイツの『煉獄』より (貴之新/劇団IAT)
16:40 ケーリー(各ミュージシャン参加/CCE Japan)
17:20 閉会挨拶

しかし両日ともプログラム凄いんですが、10時-17時って会社か、と思えるほど詰め込んでますね。
AndersとMayoのライブも久しぶりに聴いてみたいですが、微妙にアイルランド講談が気になってしょうがない。

| おだ | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
関東各地のセント・パトリックス・デー・パレードの話

3月になりました。アイルランドの国民的行事にして、全国で最も有名なアイルランド関連イベントのシーズンが今年もやってまいりましたので、そろそろこのブログも少しずつ賑やかしたいと思います。
このブログも10年近くなりますので、聖パトリックパレードとは、とかは省略します。
その辺からご存知になりたい方はこちらをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%A5%9D%E6%97%A5

関東では横浜、東京、千葉の3か所での開催が決定しています。僅か5日間で3か所開催するのでかなりハードではありますが、全く特徴が異なる3つのパレードにできれば全部顔を出して、それぞれの味を感じて頂ければと。
以下、概略と簡単な紹介をつけておきますので参考に。

3月16日(土)
セントパトリックデーパレード横浜元町 2013
場所:横浜元町ショッピングストリート(元町中華街/石川町駅)
   http://www.motomachi.or.jp/html/?refr=top
パレード開始:14時〜

※サブテーマ(?)は「3.16 つながる」。奇しくも東急東横線と副都心線が相互乗り入れをする記念すべき初日に行われるイベントということで、いつものパレードに加え、横浜高速鉄道さんとも協力して元町中華街駅も巻き込んだアイリッシュミュージックやダンスのイベントが開催されます。

公式サイト(アイリッシュネットワークジャパン横浜):
http://inj-yokohama.com/
以下、Facebook、Twitterなど:
http://www.facebook.com/home.php#!/IrishNetworkJapanYokohama
https://twitter.com/inj_yokohama


3月17日(日)
セント・パトリックス・デイ・パレード東京 2013
場所:原宿表参道(原宿駅/表参道駅)
パレード開始:14時〜

※サブテーマは“KIZUNA(絆)”。「絆」を象徴する話題として、ISJ(アイルランド・サポート・ジャパン)の東日本大震災東北復興応援募金を活用して、福島県小名浜第一小学校の生徒約70名をパレードに招待、当日はティンホイッスルを演奏しながら行進するそうです。

公式サイト(アイリッシュネットワークジャパン):
http://www.irish-network-japan.com/
Facebook、Blog、Twitterなど:
https://www.facebook.com/groups/inj.nihongo/ (日本語)
https://www.facebook.com/groups/irishnetworkjapan/ (英語)
http://irishnetworkjapan.blogspot.com/
http://twitter.com/injtokyo


3月20日(水・祝)
セントパトリックスデイパレード千葉 2013
場所:幕張海浜公園(海浜幕張駅)
パレード開始:14時〜

※今年で2回目となる千葉パレード。小規模ながらもアットホームなイベントで、昨年はアイルランド大使夫妻もウキウキでダンスに参加してました。

公式サイト(?):
http://irish-network-japan.com/en/chiba

| おだ | 21:41 | comments(0) | - | - | - |
INJクリスマスパーティ@霞ヶ関

毎年恒例、アイリッシュネットワークジャパン主催の「INJ Tokyo Christmas Party!」が今年も以下の日程で開催されます。

毎年場所を微妙に変えながら実施してますが、今年はFINN McCOOL’S霞ヶ関店で開催とのこと。また今年は参加費もなく誰でも気軽に遊びに来れるようです。

在日アイリッシュはもちろん、アイルランド好き、アイリッシュ音楽・文化・ダンス好きな日本人も毎年多数訪れる本イベントで、国際交流やラッフル、アイリッシュダンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

一応ざっくりとした情報を載せておきます。詳細はINJ東京のWebサイトなりFacebook内下記サイトで確認ください。

案内(Facebook)
http://www.facebook.com/events/181850111955011/

INJ Tokyo Christmas Party!

日時:2012年12月15日(土)17:00〜22:00
場所:FINN McCOOL’S 霞ヶ関店
   東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング1F
   TEL:03-6273-3997
   http://r.gnavi.co.jp/ga5n903/

タイムスケジュール
 17:00 Irish Dance Workshop
 18:00 Party starts
 18:30 Irish Music Live Part1
 19:00 Jameson's Pub quiz
 20:00 Irish Music Live Part2
 20:30 Raffles!
 21:30 Last order for drink
 22:00 break up

※参加費無料。
 ドリンクはハッピーアワーの価格で、食べ物もお好きなものをオーダーしていただけます。

ちなみにミュージシャンですが、20時からは豊田さん(Flute)、梅田さん(Harp)、奥貫さん(Fiddle)のトリオ演奏と思われます。また18時半からは…BarryさんとかMollyさんとかの歌のグループだそうです。かなりあいまいな情報ですみません。

| おだ | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
「ガリバー・ウエハース」@プーク人形劇場
聖パトリック大聖堂で首席司祭をつとめたジョナサン・スィフトの代表作「ガリバー旅行記」はほとんどの方がご存知だと思いますが、そのガリバー旅行記を題材にした劇が10月25日に渋谷のプーク人形劇場にて開催されます。
さて、どんな作品なんだろう、と思って本サイト(下記)を見たのですが、正直下記サイトを見てもいまいち何をやるかわからなかったので、大使館のサイトを引用させていただきます。
”1709年に江戸を訪れたガリバー、その前年に屋久島に潜入したイタリア人。鎖国の江戸時代、日本を訪れた二人の外国人はどうなったのか?そのとき彼らはいったい何を見、何を語ったのか。アイルランド人作家スウィフトの「ガリバー旅行記」を題材に描かれた不思議で愉快な大人の物語。”
だそうです。えーと、やはり判ったようでよく判りませんが、何か面白そうではあります。ちなみに文化庁芸術祭参加作品とのこと。

以下概要になります。ご興味ある方は是非。

文化庁芸術祭参加作品「ガリバー・ウエハース」
日時:10月25日(木)
   昼公演 開場15:30 開演16:00
   夜公演 開場18:30 開演19:00
会場:プーク人形劇場
   東京都渋谷区代々木2-12-3
出演:伊藤哲哉
料金:(前売) 2千5百円/(当日) 3千円 
お問い合わせ・チケット申し込み:
 YUKIプロデュース TEL 045-962-1549
 伊藤哲哉 itou-tetsuya@e-mail.jp(@は小文字)
ウェブサイト:http://biwamimi.exblog.jp/i4/


ジョナサン・スィフトのガリバー旅行記って子供向けに改編された奴はだいぶファンタジー小説になっているようですが、原作は非常にアイロニカルでえぐいようですね。ちなみに私は原作も改編版も読んだことありません…。
| おだ | 19:47 | comments(0) | - | - | - |
ユーミンのSUPER WOMAN にてケルト・アイルランド特集

松任谷由実さんのNHK初レギュラーと思われる情報バラエティ番組「ユーミンのSUPER WOMAN」(NHK Eテレ:金・日曜)にて、7月27日(金)と8月3日(金)の2週にわたり、「鶴岡真弓と訪ねる女神」なるサブタイトルでケルト文化が紹介されます。
アイルランドにロケを行い、”二千年以上の時を経て今もなお人々の生活にいきいきと根付く文化、芸術・物語”を紹介するようです。

まだ詳細がはっきりとはわかっていないのですが、以下のサイトにて追々アップされていくと思われますので、興味ある方は是非ご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/program/yuming/
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yuming-kobe/yuming40th/yuming40th_nhke.html

「ユーミンのSUPER WOMAN」
NHK Eテレ
7月27日(金)23:00〜23:29
8月3日(金)23:00〜23:29
「鶴岡真弓と訪ねる女神」(1)(2)
【ゲスト】 鶴岡 真弓(多摩美術大学 芸術人類学研究所 所長)

しかし教育テレビをEテレって変えたの初めて知りました…。

| おだ | 02:17 | comments(0) | - | - | - |
W. B. イェイツとアイルランド@駒場博物館

最近アイリッシュミュージックがらみのネタが多かったので、少し毛色を変えてみます。

トリニティ・カレッジ・ダブリン=東京大学 学術協定締結記念と銘打って(へー、という感じですが)、5月12日(土)〜7月1日(日)の期間中駒場博物館にて、アイルランド国立図書館で開催され高い評価を受けている「W. B. イェイツ――その生涯と業績」展をもとにしたパネル展示や、イェイツの文学者としての軌跡と同時代のアイルランド、そして日本での受容についての展示が開催されます。

5月19日のオープニングイベントでは、イェーツの詩の朗読やアイリッシュハープ演奏、そして一幕劇などが開催されるそうです。

こちらいつも通りさらっと紹介しておきますので、詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html#Yeats


「トリニティ・カレッジ・ダブリン=東京大学 学術協定締結記念
 W. B. イェイツとアイルランド」
会 期 :5月12日(土)〜7月1日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入室は17:30まで)
休館日 :毎週火曜日(ただし6月5日は記念講演会開催につき特別開館)
入館料 :無料
会 場 :駒場博物館1階展示室 南側
主催  :東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 美術博物館
後援  :アイルランド大使館、IASIL JAPAN (国際アイルランド文学協会日本支部)
    科学研究費助成事業(基盤研究(B))
問合せ先:東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
    〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 TEL:03-5454-6139

【オープニングイベント】
日時:5月19日(土) 14:00 〜 16:30
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館ホール
 第一部 詩とハープの調べ
   朗読 ポール・ロシター氏他
   アイリッシュ・ハープ演奏 寺本圭佑氏
 第二部 一幕劇『骨の見る夢』
   訳・演出 河合祥一郎(本学教授)

【高校生のための金曜特別講座】
日時:5月25日(金) 17:30 〜 19:00
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館ホール
「W. B. イェイツとアイルランド」
講師:中尾まさみ(本学教授)
URL:http://high-school.c.u-tokyo.ac.jp/

【記念講演会】
日時:6月5日(火) 18:00〜19:00
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1
‘Yeats and Dance’ 英語、通訳なし
講師:テレンス・ブラウン氏(トリニティ・カレッジ・ダブリン名誉教授)


まあ個人的にはYeats and Dance って何ぞ?と少し気になりますが、平日夕方はなかなか厳しいので行かれた方は是非レポ願います。

そういえば昨年スライゴー(Sligo)に行った際にYeats Musiamに立ち寄った気がするのですが…文学はどうも範疇外なもので、ほとんど記憶にないです。まあスライゴーはイェーツイェーツしてました。

| おだ | 01:14 | comments(0) | - | - | - |
EUフィルムデーズにて「アイルランドの事件簿」上映 ほか

さて、記事のネタの前にひとネタ。
4月23日に上野にアイリッシュパブ「The World End」がオープンしたようです。

世界が終わるその日まで存在してほしいという思いを込めてつけた名前だそうで、ギネスはもちろん、よなよなペールエールやハートランド、ヒューガルデンなどの所謂”人気どころ”の生があるほか、かなりの種類のWorldビールが用意されているようです。アイリッシュパブっぽいかどうかはまあ行ってみてからあれしたいと思いますが、何はさておきまずは行ってみてですね。

東京都台東区上野6丁目14−7
TEL:03-3837-8870
http://ashuoffice.juno.bindsite.jp/theworldend/index.html


で本題。毎年6月に開催されている欧州の映画の祭典、EUフィルムデーズに、今年もアイルランドから何か面白そうな映画がノミネートされています。

アイルランドの片田舎でのんびり働く警官がアメリカから麻薬取引の捜査の為にやって来たFBI捜査官に協力することになるブラックコメディ、「アイルランドの事件簿(The Guard)」。東京では初公開になります。
とりあえず東京会場だけ情報載せておきますが、福岡でも2日間上映されますので、興味ある方は下記サイトをご覧ください。
http://www.eufilmdays.jp/film/secret-kells

ERフィルムデーズ 2012

アイルランドの事件簿
The Guard

監督:ジョン・マイケル・マクドノー
製作国:アイルランド 
製作年:2011年
上映時間: 96分
言語: 英語、アイルランド語(日本語字幕)

東京会場:東京国立近代美術館 フィルムセンター
〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
お問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
2012年05月26日 (土) 13:00
2012年05月29日 (火) 19:00

| おだ | 00:22 | comments(0) | - | - | - |
St. Patrick's Dayの集い 2012

さて、明日はWILD ROVER 2012があるわけですが、毎年恒例ということで言えばWRよりも歴史が古い日愛協会のイベント「St. Patrick's Dayの集い」も明日開催されます。
今年はタイタニックの悲劇から100年ということで、「タイタニック号とアイルランド移民」をテーマにした講談が開催されるようです。
詳細は日愛協会・・・よりもINJの以下のサイトをご覧いただいたほうがいいかもです。
http://www.irish-network-japan.com/the-japan-ireland-society-2012

St. Patrick's Dayの集い 2012
2012年3月25日(日)

場所:大崎ゲートシティ ゲートシティホール Room C
東京都品川区大崎1-11-1
http://www.gatecity.jp/access/

第1部 ティーパーティー
開場:13:00
◎販売:13:00 - 17:30
アイリッシュ・アクセサリー、小物、CD等の販売。
 
◎ティータイム 14:00 - 15:00
Food & drink/Irish Dance & Music

◎講談と映像 15:00 - 16:00
Storytelling with Images & Music
「タイタニック号とアイルランド移民」(仮題)
‘The Titanic and Irish Emigrants’
構成・作:桃川星之助(田中伸明)氏 、山本拓司氏
語り:講談師・桃川星之助氏
映像編集:山本拓司氏

◎16:00 - 17:30 <‘Shall we Irish dance?’>
ダンス・音楽:CCE Japan、長谷川洋氏他
 
第2部 懇親会
場所:アイリッシュパブ・ザ・シャノンズ
東京都品川区大崎1-11-6 大崎ゲートシティ B1
http://www.avalon-intl.co.jp/shannons/
時間:18:00−20:00
 

開催直前に非常に悲しい出来事がございましたが、明日は予定通り開催します。
興味ある方は是非ご参加ください。

| おだ | 01:47 | comments(0) | - | - | - |
セントパトリックスデーパレード 約100日前情報

いつの間にかチーフタンズの2012年来日公演の情報がPlanktonのサイトに上がってましたねえ。

それはそれとして・・・

今年は残念ながら全国各地で延期/中止が相次いだ聖パトリックスデーパレードですが、来年は例年通りの開催に向け、着々と準備が進んでいるようです。
で、そろそろ来年のセンパトウィーク100日を切りましたので、 とりあえず確定している(と思われる)東京、横浜の情報は掲載したいと思います。東京の方はまだWebサイトにはアップされていないようですが。


【東京】
第20回 セント・パトリックス・デイ・パレード 東京(原宿・表参道)
 2012年3月18日 (日)
 午後2:00 - 午後4:00
 場所:東京渋谷区 表参道(原宿もしくは表参道駅)
 主催:アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン東京パレ−ド実行委員会
    http://www.inj.or.jp/

【横浜】
第8回 セントパトリック・デイ・パレード 横浜元町
 2012年3月17日(土)
 午後1:00 - 午後4:00 (パレードは2〜3時半頃)
 場所:横浜元町ショッピングストリート(元町・中華街もしくは石川町駅)
 主催:INJ横浜・元町パレード実行委員会
    http://inj-yokohama.com/


上記のとおり、今年は2日連続、かつ横浜では「その日」である3月17日に開催されます!!
今年開催できなかった分のエネルギーをこの2日間にぶつけちゃいましょう。

| おだ | 11:01 | comments(0) | - | - | - |
ATELIER MUJI展覧会「冬至祭 -むすぶ・めぐる・つなぐ」
ちょっと最近忙しくて、INJクリスマスパーティーのお知らせを飛ばしてしまいました。
というかINJクリスマスパーティーさえ飛ばしてしまいました。すみません。

来週はケルクリとかありますね。 そこで再来年のケルクリの公式発表があるかと思いますが、再来年は大御所が来るといううわさがあったりなかったり。

あと「ケルトの国のクリスマス」も横浜は外交官の家で開催中ですね。こちらも是非。


さて、無印良品にて冬の展覧会、ATELIER MUJI展覧会「冬至祭 -むすぶ・めぐる・つなぐ」という企画が12月2日〜25日まで開催されているそうですが、その第1部は、ケルトや日本に共通の文化「むすぶ」がテーマとのことで、ケルト芸術文化研究の第一人者・鶴岡真弓氏による講演があったり、ケルティック系若手バンドによるライブ演奏があったりします。

とりあえず主だったところはピックアップしておきますが、詳細や講演会の申込は下記サイトをご覧ください(いまいちいつ何をやるのか判然としませんが)。
http://www.muji.net/mt/events/015530.html


ATELIER MUJI展覧会「冬至祭 -むすぶ・めぐる・つなぐ- [第1部 むすぶ]」
期間:2011年12月2日(金)〜2011年12月25日(日)
入場料 無料
会場 無印良品 有楽町2F ATELIER MUJI
テーマ:祈りをむすぶクリスマス
関連イベント:
・お菓子の村の冬至祭
・音楽の冬至祭
 毎週土、日曜日
 参加バンド:Drekskip、ジョンジョンフェスティバル、トリコロール
 ※2階・Meal MUJI 有楽町 12月3日(土)より、毎土日の午後2時15分、3時15分の2回公演を行います。(1公演45分程度)
・鶴岡真弓氏講演会
 「自然と人をむすぶ暦〜ケルトの冬至から日本の春迎えまで〜」
 12月10日(土) アトリエ内

ちなみにDrekskip、ジョンジョン、トリコロールは持ち回りのようですが、Drekはほぼ毎週末東京に来るって事でしょうか・・・。
| おだ | 00:34 | comments(0) | - | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

TOKYO IRISH GENERATION
TOKYO IRISH GENERATION (JUGEMレビュー »)
O’Jizo,The Ash Grove,オオフジツボ,五社義明,Modern Irish Project,waits
2010年夏、東京で発信された世界に誇れるアイリッシュ・ミュージック・コンピCD。
ここで紹介されているどのバンドもエネルギッシュかつ個性的です。あの大島豊氏に「アイリッシュをはじめとするケルト系ルーツ・ミュージックは、遥かな時空と幾重にも重なる境界を超えて、この国に根を下ろした」と言わしめた、珠玉の一枚です。

Recommend

コンプリート・オブ・ザ・ポーグス
コンプリート・オブ・ザ・ポーグス (JUGEMレビュー »)

待ちに待ったポーグスのライブDVD。堂々としているのに若々しい彼らの熱気溢れる演奏と、暑い暑い会場の雰囲気が伝わってきて、一緒に踊りだしたくなります。ゲストも多く、さぞ楽しいライブだったんだろうなあ、と羨ましくなります。大音量で聴きたい一枚。
ちょっと曲数が少ないのが欠点ですかね。そのかわりボーナスのドキュメンタリー映像が付いてます。

Recommend

Gael Force
Gael Force (JUGEMレビュー »)

1997年にダブリンのポイント・シアターで行われたコンサートの収録モノですが、とにかくメンバーに圧倒!
チーフタンズ、ブラック姉妹、シネード・オコナー、クラナド、アルタン、クリスティ・ムーア等々、トラッド&コンテンポラリー界双方からものすごいメンバーを揃えてます。必見の1枚。

Search

Entry

Comment

  • シャムロック祭2012+フィドルワークショップ
    dai (10/16)
  • Modern Irish Project × John John Festival @仙川 他
    ani (05/30)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    oda (11/05)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    mizu (10/31)
  • BSで2夜連続でアイルランド関連番組あります
    Ayu (07/23)
  • Galway for JAPAN Day 5/26
    さがーみ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    おだ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    さがーみ (05/20)
  • 震災チャリティ・タカ・ハヤシアイリッシュダンスアカデミーリサイタル 他
    Tommy (04/30)
  • 各種イベント情報その3 他
    おだ (03/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode