Entry: main  << >>
W. B. イェイツとアイルランド@駒場博物館

最近アイリッシュミュージックがらみのネタが多かったので、少し毛色を変えてみます。

トリニティ・カレッジ・ダブリン=東京大学 学術協定締結記念と銘打って(へー、という感じですが)、5月12日(土)〜7月1日(日)の期間中駒場博物館にて、アイルランド国立図書館で開催され高い評価を受けている「W. B. イェイツ――その生涯と業績」展をもとにしたパネル展示や、イェイツの文学者としての軌跡と同時代のアイルランド、そして日本での受容についての展示が開催されます。

5月19日のオープニングイベントでは、イェーツの詩の朗読やアイリッシュハープ演奏、そして一幕劇などが開催されるそうです。

こちらいつも通りさらっと紹介しておきますので、詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html#Yeats


「トリニティ・カレッジ・ダブリン=東京大学 学術協定締結記念
 W. B. イェイツとアイルランド」
会 期 :5月12日(土)〜7月1日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入室は17:30まで)
休館日 :毎週火曜日(ただし6月5日は記念講演会開催につき特別開館)
入館料 :無料
会 場 :駒場博物館1階展示室 南側
主催  :東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 美術博物館
後援  :アイルランド大使館、IASIL JAPAN (国際アイルランド文学協会日本支部)
    科学研究費助成事業(基盤研究(B))
問合せ先:東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館
    〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 TEL:03-5454-6139

【オープニングイベント】
日時:5月19日(土) 14:00 〜 16:30
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館ホール
 第一部 詩とハープの調べ
   朗読 ポール・ロシター氏他
   アイリッシュ・ハープ演奏 寺本圭佑氏
 第二部 一幕劇『骨の見る夢』
   訳・演出 河合祥一郎(本学教授)

【高校生のための金曜特別講座】
日時:5月25日(金) 17:30 〜 19:00
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館ホール
「W. B. イェイツとアイルランド」
講師:中尾まさみ(本学教授)
URL:http://high-school.c.u-tokyo.ac.jp/

【記念講演会】
日時:6月5日(火) 18:00〜19:00
会場:東京大学駒場Iキャンパス18号館4Fコラボレーションルーム1
‘Yeats and Dance’ 英語、通訳なし
講師:テレンス・ブラウン氏(トリニティ・カレッジ・ダブリン名誉教授)


まあ個人的にはYeats and Dance って何ぞ?と少し気になりますが、平日夕方はなかなか厳しいので行かれた方は是非レポ願います。

そういえば昨年スライゴー(Sligo)に行った際にYeats Musiamに立ち寄った気がするのですが…文学はどうも範疇外なもので、ほとんど記憶にないです。まあスライゴーはイェーツイェーツしてました。

| おだ | 01:14 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

Recommend

Recommend

TOKYO IRISH GENERATION
TOKYO IRISH GENERATION (JUGEMレビュー »)
O’Jizo,The Ash Grove,オオフジツボ,五社義明,Modern Irish Project,waits
2010年夏、東京で発信された世界に誇れるアイリッシュ・ミュージック・コンピCD。
ここで紹介されているどのバンドもエネルギッシュかつ個性的です。あの大島豊氏に「アイリッシュをはじめとするケルト系ルーツ・ミュージックは、遥かな時空と幾重にも重なる境界を超えて、この国に根を下ろした」と言わしめた、珠玉の一枚です。

Recommend

コンプリート・オブ・ザ・ポーグス
コンプリート・オブ・ザ・ポーグス (JUGEMレビュー »)

待ちに待ったポーグスのライブDVD。堂々としているのに若々しい彼らの熱気溢れる演奏と、暑い暑い会場の雰囲気が伝わってきて、一緒に踊りだしたくなります。ゲストも多く、さぞ楽しいライブだったんだろうなあ、と羨ましくなります。大音量で聴きたい一枚。
ちょっと曲数が少ないのが欠点ですかね。そのかわりボーナスのドキュメンタリー映像が付いてます。

Recommend

Gael Force
Gael Force (JUGEMレビュー »)

1997年にダブリンのポイント・シアターで行われたコンサートの収録モノですが、とにかくメンバーに圧倒!
チーフタンズ、ブラック姉妹、シネード・オコナー、クラナド、アルタン、クリスティ・ムーア等々、トラッド&コンテンポラリー界双方からものすごいメンバーを揃えてます。必見の1枚。

Search

Entry

Comment

  • シャムロック祭2012+フィドルワークショップ
    dai (10/16)
  • Modern Irish Project × John John Festival @仙川 他
    ani (05/30)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    oda (11/05)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    mizu (10/31)
  • BSで2夜連続でアイルランド関連番組あります
    Ayu (07/23)
  • Galway for JAPAN Day 5/26
    さがーみ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    おだ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    さがーみ (05/20)
  • 震災チャリティ・タカ・ハヤシアイリッシュダンスアカデミーリサイタル 他
    Tommy (04/30)
  • 各種イベント情報その3 他
    おだ (03/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode