Page: 2/4  << >>
Ronnie Drew 死去
訃報です。

40年以上にわたりアイルランドのトラディッショナル系フォークバンドとして音楽界を牽引してきた、ザ・ダブリナーズ(The Dubliners) のロニー・ドリュー(Ronnie Drew)氏が16日、咽喉癌のため死去しました。享年73歳でした。

http://www.irishtimes.com/newspaper/breaking/2008/0816/breaking364.htm

http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20080818-00000002-cdj-musi


ダブリナーズといえば、ルーク・ケリー(彼は私が初めてダブリナーズのCDを買った時には既に他界していましたが)とロニーの二枚ボーカルが引っ張っているというイメージだっただけに、やはり非常に残念です。Seven Drunken NightsやFinnegan's Wake、そしてポーグスと唄ってスマッシュヒットとなったThe Irish Roverなど、ロニーというと野太くて荒くれた感じのドリンキングソングが印象的でした。

最後にダブリナーズをよく知らない方に向け、先日−と言っても結構昔ですが−発売されたDublinersの2枚組DVDを紹介しておきます。私も買いましたが、老いてなおワイルドで中々素敵でした。

http://diskunion.net/punk/ct/detail/PGL-4341

今はロニーのご冥福をお祈りします。


| おだ | 00:37 | comments(0) | - | - | - |
国民の幸福度調査でアイルランドは6位に
久しぶりの割には小ネタですみません。

米ミシガン大学のロナルド・イングルハート氏らが実施した最新の国民の幸福度調査(World Values Survey)で、アイルランド共和国が6位、そして北アイルランドが5位という結果が出たそうです。この調査は、世界52カ国の35万人を対象に対するアンケートに加え、様々な要素を勘案して行ったものだそうです。

ちなみに1位はデンマーク、以下プエルトリコ、コロンビア、アイスランドと続きます。また日本は43位、最下位(97位)はジンバブエとのこと。

http://narinari.com/Nd/2008079755.html?xml

まあ世界52カ国にアンケートして97位までついているあたり、調査に対する信憑性も微妙なところがありますが、アイルランドはもともと宗教的にも幸福感や自己満足度が高い傾向にありそうですし、またここ十数年の好景気で経済的にも豊かになったという点からもうなずけます。むしろ北アイルランドが5位にランキングされているというのは喜ばしいですね。日本人は逆にあまり自分を幸福と思わない傾向が強いですから、43位というのも何となく納得できます。

ちなみに米World Value Surveyのサイトに行くと、国民の幸福度と思想の保守性(伝統への依存性)の関係だとか、一人当たりGNPと幸福度の相関性だとかについて色んな分析をしてあって、なかなか面白いです。

http://www.worldvaluessurvey.org/

| おだ | 23:11 | comments(0) | - | - | - |
EU「リスボン条約」がアイルランドの国民投票で否決に
今日はトラブル・イン・ザ・キッチンのライブ&セッションを聴きに文化放送まで行ってきました。久しぶりに踊ったら何か色々疲れました。

それはさておき、2005年に否決された「EU憲法」を部分的に修正した、「リスボン条約」が、アイルランドの国民投票で反対票が賛成票を上回っており、否決確実となったそうです。
全加盟国の賛成が必要なため、アイルランドが否決すれば条約発効ができなくなり、EU統合の動きが停滞しそうだそうで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000054-yom-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000159-jij-int

アイルランドの反対理由は今一よくわかりませんが、欧州委員数の削減案やEUの権力が各国の主権を脅かすことへの不安などがあるそうです。EUに加盟することで経済的には格段に豊かった反面、大国主義に呑みこまれることに対する潜在的な不安も抱えている、そんな今のアイルランドを反映した結果なのでしょうか?

それはそうと、大事な外交的な決断を国民投票で決めるというプロセス自体、日本とのギャップを感じますね。
| おだ | 00:37 | comments(4) | - | - | - |
St. Patrick's Day を祝日にする運動 in USA
アイルランドのニュースではないですが、アメリカのアイルランドにまつわるニュースです。

Guiness社がアメリカで、3月17日の聖パトリックスデーをオフィシャルな祝日に変更請願するためのキャンペーン「Proposition 3-17」をやっています。100万人の署名を集め、国会に提出するのが目的のようです。

詳細は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.proposition317.com/

本ブログ掲載時点で40万弱集まっているようです。海外からも賛同者を集めて合衆国の国会に申請することに意味があるんでしょうか・・・という疑問は置いておいて、実現して話題になってくれれば、日本のパレードシーンにも良い影響がもたらされるかもしれませんね。
| おだ | 13:49 | comments(0) | - | - | - |
パトリック・ヒラリー元大統領死去
76年から90年まで第6代大統領を務めたパトリック・ヒラリーさんが12日、ダブリンで病気により死去されたそうです。享年84歳。

http://mainichi.jp/select/person/news/20080413k0000m060111000c.html?inb=rs

よく存じ上げませんが、ともあれ心よりご冥福をお祈りします。
| おだ | 23:02 | comments(0) | - | - | - |
アハーン首相、辞任表明
アイルランドのアハーン首相がダブリンで記者会見し、5月6日に首相を辞任する意向を表明したそうです。

詳しく知らなかったのですが、政治家と不動産業者とのゆ着による汚職事件摘発に関連して法廷に何回か呼ばれていたそうで、政治の混乱を招いたための辞職のようです。

何か首相に再任されたばかりでしたし、噂ではもしかしたらEUの初代大統領になるかもしれないとさえ言われていただけに、何とも残念なニュースです。
またGW頃に福田首相がアイルランドに行くかもしれない、という情報もありましたが、これも流れてしまう可能性がありますね・・・。

なお本ニュースの関連記事はこのへんから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000129-mai-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000263-reu-int
| おだ | 00:04 | comments(0) | - | - | - |
ジャイアンツ・コーズウェイ、水没機器!?
北アイルランドの奇観、世界自然遺産にも登録されているジャイアンツ・コーズウェイですが、管理しているナショナルトラストが発表した報告書によると、温暖化の影響を受けた海面上昇や暴風雨の頻発化により侵食が進み、水没の危機に瀕しているそうです。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2340295/2546146

この地は私も一度だけ訪れたことがありますが、本当に火山が作った奇跡的な風景でした。人の営みで自然が変わってゆくことは、半分やむなしと思う反面、やはり残念でもあります。


GiantsCauseway2004

あまりに短い記事だったので、何となく2004年に訪れたときの写真を貼ってみました。
| おだ | 23:03 | comments(3) | - | - | - |
ギネス工場でビール樽450個盗まれる
ぽこぽこ欧州に行っておりましたが、何とか帰ってまいりました。

で、2週間ほど昔のアイルランドでのニュースをINJのメーリングリストで始めて知りましたので、自らのリハビリも兼ねて、ゆったり紹介いたします。

http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200712010012.html

さる11月30日に、ギネスの醸造工場から単独犯の男がビールが入った樽(たる)計「450個」を盗み、逃走する事件があったそうです。
250年近くの歴史を持つギネス社にしても前代未聞のできごとだそうで、盗み方も大胆、容疑者は街のパブに納入する樽が満載したトレーラーごとトラックに連結させて逃走したそうです。

よほどの大酒飲みが引き起こした犯罪なんでしょうかね。ギネス側はたまったもんではないですが。
| おだ | 00:17 | comments(2) | - | - | - |
ベルファストに観覧車出現+諸々
いよいよアイルランドイベントが目白押しの12月に突入しました。まずは今日1日から横浜元町公園内にある洋館、エリスマン邸で「アイルランドのクリスマス〜神秘と妖精の国〜」と題して、アイルランドのクリスマスをイメージした飾り付けや様々な展示を行っていますので、お近くの方は是非行ってみてください。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/seiyoukan/erisumantei.html


で、本題です。ベルファストのシティホール横(Donegall Sq East, Belfast / BT1 5GS)に、観覧車が登場したようです。

料金は大人6ポンド、子供4ポンドと、Londonの川沿いにある某観覧車よりはよほど良心的な料金です。あまり高い建物も多かった記憶も無いですし、60mの頂上からはベルファストの町並みが一望できるのではないかと思いますので、ベルファストに行かれた方は是非足を運んでみてください。

http://www.worldtouristattractions.co.uk/wta_wheel_belfast.php


さて、ちょっとだけ私的な報告をさせて頂きます。
仕事の都合により、9月半ばくらいからは月の半分近くを欧州(アイルランドではないんですが)で過ごしております。そのおかげで日本の情報収集が滞っているというか、日本にいないと日本の情報を探すモチベーションも下がるというか、ともかく若干ブログの更新も停滞しております。極力新しい情報は載せていこうとは思いますが、今後も少し薄れがちになってしまうことを予めご了承願います。

ちなみに全然関係ないですが、大陸ヨーロッパに行った時はたいてい以下のサイトでアイルランド関係のイベントやパブの情報を収集しています。フランスやドイツでふとアイリッシュミュージックを聴きたくなったりアイルランドのスポーツを見たくなった時などに活用下さい。
http://www.europeanirish.com/


私信ついでにもう一つ、今日は高円寺MOON STOMPにツルベノブヒロ(元Nancy Whiskey)のライブを見に行ってきました。アコースティックライブだったこともありますが、かなりゆったりした曲が増えていましたが、あの声と雰囲気は健在でした。最後に対バンのTAROとMOON STOMPのヤスさんとセッションでやったDuty Old Townは最高でした。良い時間を過ごせて満足でした。
| おだ | 23:31 | comments(4) | - | - | - |
最も企業に優しい税制の国
えーと、今とある事情で全然国内の情報をウォッチできておりませんので、みなさま自主的に「Irish Live Board」に書き込んでいただければ幸いです。

さて、そんな訳で世界的な話でも。

大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパースが19日公表した「ペイイング・タックス2008」では、世界178カ国・地域を対象に、企業に課される税金の種類、税務にかかる時間、総合的な税率から「企業に優しい税制」がランキングされているそうです。それによると、EU加盟国ではアイルランドがトップ(全世界で6位)にランクインされました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000015-nna-int

税率では23位にとどまったが、税金の種類とかかる時間がそれぞれ9位、15位で総合評価を押し上げたとのこと。ちなみに1位はモルディブ、以下シンガポール、香港、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、アイルランドの順。ちなみに日本は105位。
まあ元々アイルランドは企業投資を拡大させるため、企業にやさしい税政策を取ってきていますので、それが数値として証明された、ということでしょう。

ま、小ネタでした。
| おだ | 09:02 | comments(0) | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Recommend

Recommend

TOKYO IRISH GENERATION
TOKYO IRISH GENERATION (JUGEMレビュー »)
O’Jizo,The Ash Grove,オオフジツボ,五社義明,Modern Irish Project,waits
2010年夏、東京で発信された世界に誇れるアイリッシュ・ミュージック・コンピCD。
ここで紹介されているどのバンドもエネルギッシュかつ個性的です。あの大島豊氏に「アイリッシュをはじめとするケルト系ルーツ・ミュージックは、遥かな時空と幾重にも重なる境界を超えて、この国に根を下ろした」と言わしめた、珠玉の一枚です。

Recommend

コンプリート・オブ・ザ・ポーグス
コンプリート・オブ・ザ・ポーグス (JUGEMレビュー »)

待ちに待ったポーグスのライブDVD。堂々としているのに若々しい彼らの熱気溢れる演奏と、暑い暑い会場の雰囲気が伝わってきて、一緒に踊りだしたくなります。ゲストも多く、さぞ楽しいライブだったんだろうなあ、と羨ましくなります。大音量で聴きたい一枚。
ちょっと曲数が少ないのが欠点ですかね。そのかわりボーナスのドキュメンタリー映像が付いてます。

Recommend

Gael Force
Gael Force (JUGEMレビュー »)

1997年にダブリンのポイント・シアターで行われたコンサートの収録モノですが、とにかくメンバーに圧倒!
チーフタンズ、ブラック姉妹、シネード・オコナー、クラナド、アルタン、クリスティ・ムーア等々、トラッド&コンテンポラリー界双方からものすごいメンバーを揃えてます。必見の1枚。

Search

Entry

Comment

  • シャムロック祭2012+フィドルワークショップ
    dai (10/16)
  • Modern Irish Project × John John Festival @仙川 他
    ani (05/30)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    oda (11/05)
  • CELTSITTOLKE 第二段CD発売
    mizu (10/31)
  • BSで2夜連続でアイルランド関連番組あります
    Ayu (07/23)
  • Galway for JAPAN Day 5/26
    さがーみ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    おだ (05/21)
  • BS日テレ「スマート・トラベル」でアイルランド特集 ほか
    さがーみ (05/20)
  • 震災チャリティ・タカ・ハヤシアイリッシュダンスアカデミーリサイタル 他
    Tommy (04/30)
  • 各種イベント情報その3 他
    おだ (03/15)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode